歯医者の施術機械

「痛くない虫歯治療」をキャッチフレーズにする歯科医院が増えてきました。

歯医者と言えば、子供の頃に経験したギュイーンと響くドリルや葉を削られる際の痛みが定番でしたが、その考えは、もはや古いです。

もちろん全く痛みがないというわけではありませんが、治療技術は少し前よりも格段に進歩しています。

その背景には歯の削る量が少なくなったこと、麻酔技術の発達により治療中に感じる痛みが大きく緩和したことが挙げられます。

かつて虫歯治療では、歯を削る範囲が大きかったです。

虫歯になると歯に穴があくため、医療用の詰め物や被せ物を固定して虫歯の拡大を防がなければなりません。

また詰め物を歯にしっかりと固定するには、接地面を増やさなければならないため、余分に削っていました。

少し前の歯医者では、痛みを感じることが多かったのは、これが理由でした。

しかし現在では、詰め物の技術が進歩したことから歯を余分に削る必要もなくなり、痛みが少なくなりました。

さらに歯科医院の中にはレーザーや特殊な薬剤を利用した未来的な治療も登場しています。

詰め物や被せ物治療には時間がかかってしまうことや保険が使えないことが多いため、導入している歯科医院も少ないですが、歯茎の切開では出血を抑えられるため、血液によって患部の視認性が下がることもなく、正確な治療を目指せます。

またレーザーの熱を使った腫れや炎症を取り除けますし、あのドリルが回転するギュイーンという音もありません。

進歩する歯科治療を支えている麻酔も進化しています。

痛みを感じるはずの治療でも痛みを感じさせなくしてくれる縁の下の力持ちと言って良いでしょう。

昔も今も歯科医が歯茎に麻酔注射することでは変わりませんが、以前よりも格段に痛みが少なくなりました。

その理由が表面麻酔法というあたらしい技術です。

これは注射をする前に歯茎にジェル状の麻酔を塗りつけることで、局所的に神経を麻痺させ痛みが脳に伝わるのを防ぎます。

痛くない歯科医が増えた理由の一つはこの表面麻酔法です。

この他にも亜酸化窒素を利用する歯科医も増えています。

いわゆる笑気ガスと呼ばれるもので、治療中に鼻マスクを装着し吸引すると不安や恐怖心を和らげてくれる他、治療中の痛みを押させる鎮静作用も期待できます。

笑気ガスを吸うと意識はあるもののボンヤリした状態になり、力が抜けてリラックスしますが、装着した鼻マスクを外すと数分でボンヤリ感が消えます。

この笑気ガスも歯科治療技術の進歩に貢献しています。

歯科医院が力を入れだしている予防歯科

歯医者の受付カウンター

8020という標語を見たり聞いたりしたことがないでしょうか。

これは厚生労働省や日本歯科医師会が力を入れている80歳になっても20本の歯を残そうというキャンペーンで、自分の歯で食物を噛むことで健康的な人生を送ろうというものです。

日本の入れ歯人口は50代の17.1%から増加し始め、60代の36.2%、70代で41.9%、80代前半で52%に達します。

これは部分入れ歯と総入れ歯を含めた数字ですが、日本人口の相当数が入れ歯をしていることになります。

そんな中で注目されているのが、予防歯科です。

文字通り、虫歯になってから治療するのではなく、定期的に歯科医院に通うことで、虫歯にならないように予防しようというものです。

予防歯科にはたくさんのメリットがあります。

まず、病気にならないように予防するため、治療の必要性も少なくなりますし、それに伴う痛みも減らせます。

訪問歯科に対応するクリニックも増えています。

通院困難な方を自宅で治療してくれるため、要介護者や寝たきり世帯に嬉しいサービスとなっており、一般的な口腔ケアから入れ歯作りや修理まで対応するなど、利便性が高くなりました。

歯科医院には行くものだったのが、歯医者のほうが来てくれるため、長年悩んでいた悩みを訪問歯科で解消できたと喜ぶ声も増えています。

もちろん自宅でのセルフケアも虫歯の予防に欠かせません。

要となるのが歯ブラシの使い方です。

毎日歯ブラシを使っていても正しい使い方でないとブラークが残ってしまい虫歯の原因になってしまいます。

予防歯科に力を入れている歯科医院では、正しいブラッシングの仕方も熱心に教えてくれるため参考にしましょう。

電動歯ブラシを利用する世帯も急増中です。

1990年代に登場後、2000年以降に急速に普及、最近では口臭などの口腔ケアへの関心が高まったことも相まって年間販売台数が400万台を越えるまでに成長しました。

電動歯ブラシは、一般的な歯ブラシよりも効率的にブラッシングできるため、年々利用者が増えています。

もちろん電動歯ブラシの回転式や音波式などの形式に合わせた正しいブラッシングが求められますが、セルフケアの頼もしい味方になってくれることでしょう。

手軽にセルフケアできるデンタルリンスも虫歯予防に役立ちます。

液体状なので口に含み隅々まで行き渡らせて虫歯の原因菌を殺菌したり、歯と歯茎をコーティングすることで虫歯予防できますし、気になる口臭対策効果も期待されています。

デンタルリンスの種類によっては、歯にこびりついた歯垢などを落としてくれたり、歯ブラシでは届きにくいところまで入り込み、口の中を健やかに保ちます。

セルフケアをするならデンタルリンスを継続的に使いましょう。